ダンス創作・ダンス表現,メディアレター,健康・精神

DANCE

 ダンステクニックの向上と日々の健康に役立つ情報コーナーです。

筋肉ブロックは終了しました!

これにて、骨格と筋肉クリアですー!おめでとうございます!

筋肉に関しては、深〜い研究があると思うので、そ ...

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター

DANCE

 様式シリーズは、伝統的なものの様式と私のアーティスティックな創作的な儀式をお届けするコラム。

能楽者の世阿弥の著書「風姿花伝」の年齢について。

24、25歳!

この頃は、発声も正しくなり、体格も安 ...

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター,健康・精神

DANCE

 ダンステクニックの向上と日々の健康に役立つ情報コーナーです。

今回は、伸びているけど縮んでいる筋肉という面白い話!

前回までのおさらいで、筋肉には、

主動筋、拮抗筋、協力筋、安定筋の4つがあると書 ...

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター

DANCE

 様式シリーズは、伝統的なものの様式と私のアーティスティックな創作的な儀式をお届けするコラム。

能楽者の世阿弥の著書「風姿花伝」の年齢について。

17、18歳!

この頃は、声が変わっていって、体つき ...

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター

DANCE

 ダンステクニックの向上と日々の健康に役立つ情報コーナーです。

今回は、安定筋のお話!

今までは、腕を曲げたりするときに、

収縮や弛緩するときに働く筋肉に着目してきました!

では、安定筋 ...

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター,生活の探究・生き方

DANCE

 様式シリーズは、伝統的なものの様式と私のアーティスティックな創作的な儀式をお届けするコラム。

能楽者の世阿弥の著書「風姿花伝」の年齢について。

12、13歳について、

稚児姿の魅力を使うべし。

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター,健康・精神

DANCE

 ダンステクニックの向上と日々の健康に役立つ情報コーナーです。

今回は、協力筋のお話。

前回の主動筋と似た働きをしている筋肉です。

例えば具体的にいうと、腹筋を使っているときに、腸腰筋もサポー ...

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター

DANCE

 様式シリーズは、伝統的なものの様式と私のアーティスティックな創作的な儀式をお届けするコラム。

今回は、振付創作のお話ではなく、

能楽者の世阿弥の著書「風姿花伝」を読み素敵な言葉があったのでお伝えいたします!

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター

DANCE

 様式シリーズは、伝統的なものの様式と私のアーティスティックな創作的な儀式をお届けするコラム。

前回お話した振り付け創作のお話。

まず大きく分けて3つのダンスシーンで振り付けの大切さが違う。

①映像 ...

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター

DANCE

偉人ニコラ・テスラ、映像の振り付けとライブのダンスの違い

 様式シリーズは、伝統的なものの様式と私のアーティスティックな創作的な儀式をお届けするコラム。

今回は振り付け創作としての私の様式のお話。

...

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター,健康・精神

DANCE

◯骨格

骨格の機能は内臓のプロテクトとサポート。骨格には体肢と体幹があって、別々に運動することで踊りを生み出す。体肢と体幹は股関節と肩関節でつながり、それは球関節でできている。可動域が多様であり広い。体幹である背骨は7-1 ...

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター,健康・精神

health

 ダンステクニックの向上と日々の健康に役立つ情報コーナーです。

前回の続きの筋肉は柔らかい状態に!のお話!

柔らかさを保つにはしっかり筋肉を動かしてあげることが大切!

さて筋肉が硬くなるのはそ ...

エンターテイメント,ダンス創作・ダンス表現,メディアレター

DANCE

 様式シリーズは、伝統的なものの様式と私のアーティスティックな創作的な儀式をお届けするコラム。

今回は、能の前シテ・後シテのお話。

シテは物語の主人公である。そして前シテ・後シテ二つにある時、この二つは、 ...

ダンス創作・ダンス表現,メディアレター

DANCE

 様式シリーズは、伝統的なものの様式と私のアーティスティックな創作的な儀式をお届けするコラム。

今回は、私のダンスの空間の使い方「サークル」について。

よく私は、踊りを作るときにソロや群舞共に、舞台中央のサーク ...

エンターテイメント,ダンス創作・ダンス表現,メディアレター

DANCE

 ダンスや芸術の様式についてお届け。よりアートを理解し人生を豊かに。

第一回目は、引き抜き!

引き抜きは、普段の人間の感情を超越した、狂気的な激情とか、死するほどの悲しみなどの表現に用いられます。私見としては、 ...