【▼美と健康のカラダ解剖学 】過伸展は怪我につながる。

【▼美と健康のカラダ解剖学 】過伸展は怪我につながる。

ダンステクニックの向上と日々の健康に役立つ情報コーナーです。

今回は、関節の過伸展のお話。

文字のごとく、伸展が過ぎてしまうこと。

伸展とは何か。関節が伸びる方に動くこと。

関節は、二つ以上の骨でできていて、それが過伸展すると、怪我につながります!

気をつけましょう!

とはいえ、日常生活や機器を使用した無理なストレッチをしない限り、過伸展になることは

ほとんどありません。たまに、関節の形状が生まれつき動きやすく過伸展している時もありますが、その場合は逆に筋肉を鍛えると強固になり怪我しにくくなります。(よく猿手と言いますが、あれは肘関節の過伸展ですね)

そして、筋肉を鍛えることと柔軟性は反比例の関係にあるので、バランスが重要です!

よく柔軟ばかりに目を向けがちですが(ダンス業界では)より、長く踊り続けるにはバランスが大切ですね!

余談ですが、ブレイクダンスに片手倒立で止まる「MAX」という技がありますが、

この過伸展ギリギリのところで止まることで、支えているような感覚があります。

なので、怪我しないためにBBOYはマッチョなんですね!

メディアレターカテゴリの最新記事