【▼美と健康のカラダ解剖学】ターンアウトと股関節の可動域。180度開くには、足首と膝関節も使う!?

【▼美と健康のカラダ解剖学】ターンアウトと股関節の可動域。180度開くには、足首と膝関節も使う!?

 ダンステクニックの向上と日々の健康に役立つ情報コーナーです。

前回の股関節の可動域のお話の続き!

今回は、外旋のお話!

個人的なエピソードですが、私は、内股なので、ここが最大の課題です。そしてダンス初心者の方にもとても重要な疑問セクターだと思います。

さて、前回の股関節の外旋可動域は50°とお伝えしました!つまり左右で90°〜100°です。(私もこのくらい)これが正常です!

ではバレリーナたちはどうして180°開いているのか。(これをターンアウトと言います。)それは膝関節と脚関節も捻っているためです。

しかしここに最も(骨盤セクター並みに)重要事項があります。それは簡単にいうと無理をしない。です。

なぜなら、そもそも、膝関節はねじり方向に回転しません。なので怪我につながります。

ではどうしたら。。。。それは、まず、股関節の外旋を十分に鍛えるということにあります。常にそれ(100°)をキープできるのであれば、その次のステップに存在します。

踊っている時に、常に100°のターンアウトキープ皆さんできてますか?

そこから180°を目指していきましょう!

具体的な膝や脚関節は後日お伝えします!

ダンス創作・ダンス表現カテゴリの最新記事