超・自習法の要約

超・自習法の要約
引用先:https://www.biz-knowledge.com/entry/ULTRA-LEARNING

面白い。
【ヒットワード】
①クリエイティビティが求められる時は、あえて集中を緩める。
→なぜ?デフォルトネットワークモードもあるだろうし、新しいものや感覚に出会う刺激もそうだろう。一点を見つめているとそこから逃れられなくなるが、これを解放するのが難しいので、メタ的に学習方法を知る必要がある。

②講義を受けることよりも試験で問題を解くことに時間を割く。
→なぜ?実践あるのみ。これは回想にもあるように自分のものにする、体に染み込ませるためだろう。

③プロジェクト型学習をする
→なぜ?褒美が手に入りモチベーションにもつながるだろうし、実戦での失敗も経験し修正し、自分のものにする速度が早い。

④一つのスキルに一点集中してスキルを伸ばす
→なぜ?得意なもの苦手なものと分けるよりは、得意も苦手も一点の方がいいのだろう。巨大巨塔を作ればそこから広がるためかな。

生活の探究・生き方カテゴリの最新記事